ネット決済の犯罪?

最近、不快なことが起こりました。
クレジットカードで全然覚えのない請求があったのです。
よく言われる、カードの盗難やスキミングとは違います。
勝手に私のカードで決済されていたのです。
額は大したことないのですが、2回続けて起きました。
なので不快です。極めて不快です。
なので、経緯をお話しします。

狙われたクレジットカード

私はカードをいっぱい持っています。
使っていないので不要なものもありますが、年会費は払っています。

今回、被害にあったのはその一つで、長年契約していたもの。
ゴールドカードで年会費が1万円を超えるものです。
そのカードは1年に1回支払いがある自動車保険やウィルスソフト
の年払いの支払いに使っているものでした。
引き落とし回数は少ないです

ウィルスソフトの会社も問題ありでした。
今はWindows を使っていれば、ウィルス攻撃は防げます。
なので、用済みなのです。そのためか、ほとんど詐欺的に
金をむしり取ろうとします。こちらの虚をつくのです。
契約更新しないにも関わらず、いつの間にか課金していました。
また、カードの更新により届け出カードのデータ更新をしないと
いけないにもかかわらず、有効期間を過ぎても引き落としです。
これは、カード会社のミスか、それともウィルス会社が
ブラックハッカーとしてデータ改ざんしたのでしょう。

なぜわかったかというと、自動車保険会社が有効期限を過ぎて
いることで引き落とせなかったと大騒ぎしたからです。
これが通常なのですが、ウィルス会社はこんなのチョロいと、
違法にも引き落としです。油断も隙もないとはこのこと。
因みにウィルス会社はMで始まる会社です。Nではありません。

事件の概要

さて、今回の事件の話をします。
2つ以外は引き落としのないカードに知らないところから
請求があったんです。引き落とし名からネットで検索したら、
アメリカのカリフォルニア州にあるSALLTT.comという
subscriptionのキャンセル手続きをする会社らしいのです。

アメリカでは、一旦subscriptionするとなかなか解約でき
ないみたいですね。無修正エロAVビデオかなんか見ようと
会員登録でもするんですか?そういう奴、結構いるかも。
とにかく、SALLTT.comから46.5ドルの請求です。
全く身に覚えがなく、そんな会社があったことさえ知りません。

なので、猛烈に抗議しました。英語のメールを送り付けました。
相手の方も返信が来たので、さらに返信です。何度かやり取りの
あと、相手も返金に応じてくれました。

問題は次にも起こりました。SALLTT.comの返金に合わせたように
今度は別のキャンセルサービス会社が請求してきたんです。
その会社は、csmum.comという会社で、同じくカリフォルニアに
あり、同業です。

早速、講義のメールを送りました。お前らの業界は、
つるんで悪事をしているのか、と。返事は来ません。
ダンマリを決めて引き落としを待つ気配です。

問題の本質

なぜこんなことが起きたのか?これは窃盗ですよね。
しかも、遠いアメリカはカリフォルニア州だから逮捕されない
と高をくくっているようです。

そして、どうやって私のカード番号を知ったのか?疑問です。
これは単純なことだと思います。私意外カード番号を知ることが
出来るのは、カード会社とウィルス会社です。

カード会社がそんなことやっているとなると大問題です。
不良社員はどこにでもいますから、可能性は否定できません。
でも、潰れますよ、そんなことがが本当なら。

ウィルス会社は、最近は業績が厳しく潰れかかっています。
不良社員が出てきても不思議はありません。ここも怪しいです。

それにしても、ネット決済というのはこんなにもいい加減なのか!
怒りさえ湧きおこります。カード会社は対策しろ。

ネット全体も急速に拡大したため十分に秩序が保てないように思います。
特に決済に関しては、匿名性なんか認めなくってもいいんじゃないか。
従来のネットのルールで、匿名性で恩恵を受けているのは悪党だけ。
善良な利用者は餌食にされている。

規制強化だ!窃盗犯として逮捕するよう体制を整えろよ!
おかしいだろ。堂々と悪事がまかり通るのは。
この国、滅びるぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク